Top >  か行の 株式用語 >  株価格付け(stock rating)の意味

株価格付け(stock rating)の意味

株価格付けとは、その銘柄の評価のことです。

その銘柄の収益性、安定性、会社の信頼度、将来性などを見て、

「会社としてどうか?」ということを評価したものです。


ただ、この株価格付けが完璧に正しいというわけでなく、

格付けを調査する機関ごとに、評価が異なる場合があります。


ですが、投資家が株式投資をする際、銘柄選びの参考として

活用することが多くあるのも事実です。


日本では、大手の証券会社や格付け機関が、

株価の格付けを行っています。

野村證券などは10年以上まえの、1993年から本格実施しています。


その後、他の大手証券会社も実施しました。


アメリカでは、それ以前から、「buy(買い)」「hold(売り)」「sell(

持続して保有)」という形で、民間の格付け会社や、証券アナリスト達

が示していました。


格付け(stock rating)が高いと、一種のステータスになりますし、

市場から高評価を得ていれば、資金調達も容易になります。

上場企業の社長としては嬉しいものなのです。

         

か行の 株式用語

関連エントリー

株価格付け(stock rating)の意味 キャピタルゲインの意味と解説。 機関投資家の意味とは - なるほど株用語 5%ルール[株を大量保有した際の開示義務]