Top >  ら行・わ行の 株式用語 >  ライフサイクル型ファンド[わかる投資用語]

ライフサイクル型ファンド[わかる投資用語]

ライフサイクル型ファンドとは、投資信託の一種です。


ライフサイクル型ファンドの場合、

日本の株式と債権、海外の株式と債権、というように、

普通は4種類の資産に、分散投資して運用します。


これだけ幅広く投資先を分散しますと、どういった銘柄に投資するかで、

投資に対するリターン(収益)は大きく変わってきます。

顧客の年齢や、人生設計にあわせて、

投資先の組み合わせは、変更することが可能なので、

「安定型」「成長型」「積極型」と複数のプランがあります。


投資顧問先に、自分の希望を伝えておくと、

自身の、ライフサイクルに対応したプランになります。


また、ライフサイクル型ファンドは、リスクヘッジという意味で優れています。

幅広く分散投資するため、投資信託の中でも、バランスの取れた商品です。

※そのため、老後資金のために、長期間の運用をする人の割合が多い。


ファンドの構成(投資先の組み合わせ)も、顧客にマッチしたものとなります。


ライフサイクル型ファンド(life-cycle fund )は、

日本でも人気の商品となり、2001年の段階ですでに107本。

純資産は、2,405億に達しました。

         

ら行・わ行の 株式用語

関連エントリー

ライフサイクル型ファンド[わかる投資用語] リフティングチャージの意味が、5分で分かる解説。 リフティングチャージは安上がりです。