Top >  は行の 株式用語 >  バスケット取引の意味。解説。

バスケット取引の意味。解説。

バスケット取引とは、株を一度に大量に取引すること。

東京証券取引所や大阪証券取引所では、

15銘柄、1億円以上の取引を、バスケット取引と呼んでいます。


バスケット取引(basket tarading)を行うのは、主に機関投資家で、

個人投資家が行うことは稀です。

確かに1億円以上の取引ですと、委託手数料だけでも大変です。


最近では、証券会社ごとに手数料の自由化となったため、

バスケット取引の手数料は、格段に安くなっています。

市場の競争によって、株取引の環境はよくなっています。

証券会社にとっては大変なことかもしれませんが。

その分、独自の新サービスや、口座維持手数料の無料化など、

ユーザー側のメリットは大きなものがあります。

一般投資家側からすれば、コスト削減にも効果的です。


バスケット取引は、機関投資家がポートフォリオを組みなおすときや、

立会い外取引のとき、よく利用されます。


[メモ]

バスケット取引は、別の呼び方で、

パッケージ取引(package trading) とも呼ばれています。

         

は行の 株式用語

関連エントリー

バスケット取引の意味。解説。