Top >  さ行の 株式用語 >  先物買いの意味。

先物買いの意味。

先物買いの意味を、カンタンに言いますと。


「今は安値で買える。しかし、将来価値が上がりそうだから、今のうちに買っておくこと。」です。


具体的に言いますと、


今は安いから、安値でガンガン買っておこう

そして、将来価値が上がったときに、高値で売却する。

安く買って、高く売る。やった!儲かった!


先物買いの意味は、こういうものです。


では、具体的に先物買い(先物取引)で、どうやって利益を得るか?

それについても解説します。


例えば、あなたが大豆100kgを購入したとします。

現在の大豆相場は 1kg 1.000円です。

100kg購入したので、 取引金額は 100.000円で購入。ですね。


この大豆相場が変動し、1kg 1.500円になりました。

1kg 1.000円 から、 1kg 1.500円に大幅アップです。


これはチャンス(買ったときの価格より高くなった)ので、大豆を全部売却します。

持っている大豆 100kg  ×  1kgの相場 1.500円  =  150.000円


大豆を購入したとき、かかったお金が100.000円。

売ったときのお金が150.000円。


つまり今回の先物取引で、50.000円 の利益が出ました。

先物買いとは、こういう取引のことです。


また、先物買いにはおもしろい特徴があります。

購入金額を全額払わなくても、商品が買えるというシステムです。

このシステムは、証拠金と呼ばれています。


例えば、1.000.000円(百万円)のトウモロコシを購入する場合。

50.000円(五万円)程度の証拠金を、預けておけば、

1.000.000円のトウモロコシを買えるわけです。


※証拠金は、取引金額の数十分の一程度の金額を預けておけば良い。


少ない証拠金を担保にして、大きな取引が出来るので、

リターン(収益)は、自然と大きくなります。魅力的ですね。


しかし、先物買いに失敗した場合は、証拠金が取られます。

さらに、証拠金以上の損失を出せば、

追加証拠金(おいしょう)を払う必要があります。

このため、先物買いは玄人向けの投資と言えるでしょう。


先物取引で破産する方も多く、

投資家の間では、ハイリスク・ハイリターンな投資方法とされています。

         

さ行の 株式用語

関連エントリー

先物買いの意味。 証券取引所(securities ex-change)とは。 サクセッションプラン[株・経営辞典] 「しっかり」の 株用語解説。「しっかり」の意味は? 自己売買の意味 - 株用語の解説。