Top >  あ行の 株式用語 >  アセット・アロケーション(asset allocation)の意味

アセット・アロケーション(asset allocation)の意味

一言で言えば分散投資という考え方の投資術で、

国際分散投資に近いやり方です。

一般的な個人投資家ではなく、すでに大きな資産を保有している、

機関投資家向けの投資となります。


アセット・アロケーション(asset allocation)とは、資産運用の種類

を多く持ちます。

株式、債権、海外の金融機関、などなど、

金融資産ごとに、収益性や、収益の変動具合は違ってきます。

日本株、米国株、欧州株、など多通貨で運用していれば、

運用益や運用リスクは、大きく異なってきます。


それを考慮して、自身の金融資産の中で、資金を上手に分配することで

安定的に高い収益を上げることができる。


ただし、海外の金融機関に資産を預ける場合は、

為替の変動リスクを考慮する必要があるというわけです。


ただ、海外の金融機関に投資しておくことは、

大きな意味を持ちます。日本で預金封鎖が起こった場合でも、

海外に口座があれば、資産運用においてのリスクヘッジになります。

海外で、なんらかの理由で金融機関の活動が、一時停止しても、

日本に資産があれば、これまた安全です。


最近流行のデイトレーダーにしても、銘柄を多数所有し、

リスクヘッジを真剣に考えています。

ある程度の資産(株や債権などの金融資産)を持つ方は、

リスクを分散し、身を守ることを常に考えています。

         

あ行の 株式用語

関連エントリー

アセット・アロケーション(asset allocation)の意味 インデックス取引の意味・解説。 EDGAR(エドガー) [証券用語] おり込み済み の意味。