Top >  さ行の 株式用語 >  サクセッションプラン[株・経営辞典]

サクセッションプラン[株・経営辞典]

経営トップの人選を早い段階から進め、

企業のトップに立つ人材を育成する制度です。


サクセッションプラン(succession plan)は、大企業などでは重要性になります。

大きな企業であれば、不測の事態によるトップ人事交代は、

会社経営に悪い影響を与えてしまいます。

権力の空白が起これば、権力闘争が勃発するのは常識です。

そして、内部分裂が起これば、経営の弱体化に繋がる可能性があります。


そういう事態を避けるため、不測の事態にあらかじめ備えておけば、

もしものとき、会社も株式市場も混乱しなくなるわけです。


これは企業を円滑に統治するのにも役立ちます。

跡目争いを予防する効果や、内部の権力闘争の危険を少なくすること。

また、サクセッションプランは、社内外に公平な人事であることを、

アピールすることができます。上場企業であれば、

こういったアピールは有効に働くでしょう。


サクセッションプランの考え方は、今では日本にも浸透していますが、

アメリカではかなり昔から行われておりました。

米ゼネラルエレクトリックが、実力会長のウェルチ氏の後任を選ぶため、

委員会を特設したのは有名なエピソードです。


これから、株式銘柄を選ぶときは、バランスシートを見るだけでなく、

人事面の公平さも重要になってくるでしょう。

         

さ行の 株式用語

関連エントリー

先物買いの意味。 証券取引所(securities ex-change)とは。 サクセッションプラン[株・経営辞典] 「しっかり」の 株用語解説。「しっかり」の意味は? 自己売買の意味 - 株用語の解説。