Top >  ま行の 株式用語 >  民営化企業株 用語の意味。

民営化企業株 用語の意味。

民営化企業株とは、国有企業が民営化して、

株式を公開した企業の株のことをいいます。


具体的には、NTT(日本電信電話)、JR(日本旅客鉄道)、など。

政府で運営していた企業は、大型企業であり、

民営化後の株式公開は、市場に大きな影響を与えます。


始まりは、イギリスのサッチャー元首相が指導した英国。

それ以来、国有企業が民営化するのは世界中に広まりました。


日本でも、中曾根民活の一環として、

NTT株、JR、JT(日本たばこ産業)が民営化。

株式市場も活性化しました。


ただ、民営化企業株( privatization firm stock)の副作用として、

政府関係者の影響力が残ってしまったことがあります。

民営企業になった後も、政府との繋がりが消えず、

結果として、政治が経営に介入してしまったことなど。

そういった副作用は、現在も残っています。


最近の例では、郵政事業(郵便局)の民営化がそれにあたります。

郵政事業も、株式公開を考えているという発表がありましたし。

郵政事業の規模を考えれば、株式市場に大きなインパクトを与えることは、

ほぼ確実です。

         

ま行の 株式用語

関連エントリー

民営化企業株 用語の意味。