Top >  さ行の 株式用語 >  自己売買の意味 - 株用語の解説。

自己売買の意味 - 株用語の解説。

証券会社が、会社として行う株の売買のことです。

ディーラー業務とも呼ばれています。


普通、証券会社は、顧客からの注文を受けて株を注文します。(委託売買)

ですが、多くの資金を持つ証券会社なら、

自己(ディーラー売買)をすることで、大きな利益を上げることが可能です。

基本的には、顧客からの委託手数料で収益を上げますが、

そのオマケ的な要素としてなら、自己売買は有効です。


また、取引の量が増えることで、市場活性化にも繋がります。


問題点は、顧客から受けた注文と、利害関係が発生してしまうこと。また、

株の売買で得た収益(キャピタルゲイン)に頼りすぎると、

証券会社の経営が不安定になるという副作用もあります。

自己売買(transactions on a dealer basis)には、もちろん規制もあります。

行政指導で制限されていますし。手持ち株の枠も押さえられてきました。


しかし、そういった規制をすり抜けやすい外国の証券会社に比べ、

日本の証券会社が不利になる状況が発生。

それを懸念し、規制は緩和されました。

その結果、ウエートの高い自己売買の裁定取引などによって、

日本の証券会社は、外国の証券会社と対等な条件になりました。

         

さ行の 株式用語

関連エントリー

先物買いの意味。 証券取引所(securities ex-change)とは。 サクセッションプラン[株・経営辞典] 「しっかり」の 株用語解説。「しっかり」の意味は? 自己売買の意味 - 株用語の解説。