Top >  あ行の 株式用語 >  インデックス取引の意味・解説。

インデックス取引の意味・解説。

インデックス取引とは、市場全体の株価が上がっているときに、

市場と同じような動きをする銘柄を、売買して利益を上げる、株式投資術です。


例えば、株価指数(市場全体で見た、平均的な株価の動き)が上昇しているとき、

市場に出ている全銘柄の株を全て買えば、儲かるだろうという考え方。


実際は全ての株を買うわけではありませんが。

日経平均を構成する銘柄だけでも225銘柄ありますからね。


しかし、銘柄を数十銘柄に絞り込むことで、

インデックス取引(index-linked)は可能になります。

銘柄の、統計的なデータを取り、選別します。


しかし、このインデックス取引は難易度が高く、

常に株価指数を上回る収益を上げるのは、困難です。


この銘柄をファンドマネージャーが選び、

投資信託として運用するものを、

インデックスファンド(index fund)と呼びます。


インデックスファンドの運用の場合、

銘柄の組み合わせ(ポートフォリオ)を組むのが難しく、

効率よく組み合わせることが、運用担当者の腕の見せ所です。


[追記]

インデックス取引の場合に参考にする指標は、

株価指数だけでなく、日経平均株価や、日経株価指数300、

東証株価指数(TOPIX)などを使うこともあります。


大事なのは、株式市場の全体の値動きを把握することです。

         

あ行の 株式用語

関連エントリー

アセット・アロケーション(asset allocation)の意味 インデックス取引の意味・解説。 EDGAR(エドガー) [証券用語] おり込み済み の意味。