Top >  か行の 株式用語 >  キャピタルゲインの意味と解説。

キャピタルゲインの意味と解説。

株を売却した際に出た利益のことを、キャピタルゲインと呼びます。


また、株だけでなく、有価証券や不動産売った利益のことも、

キャピタルゲイン(capital gain)という呼び方をします。


要は、買値より売値が高い。そのときに発生する利益のことです。


投資家はこのキャピタルゲイン(売却益)を得るために、

日々、株を売買しています。

株の儲け方というのはシンプルで、

安く買って、高く売れば、儲かる。というものです。


一方、キャピタルゲインと対照的な言葉に、

インカムゲイン(income gain)があります。


インカムゲインとは、利子による配当収入です。

株の場合ですと。株主への還元として、配当が支給されるとき。

そういった場合の利益をインカムゲインといいます。

[追加メモ] 証券税制って何?

キャピタルゲイン(売却益)とインカムゲイン(配当収入)には、

きっちりと税金がかかります。その仕組みを証券税制といいます。


キャピタルゲイン課税(tax on capital)と、

配当課税(tax on dividend)に大別されます。

         

か行の 株式用語

関連エントリー

株価格付け(stock rating)の意味 キャピタルゲインの意味と解説。 機関投資家の意味とは - なるほど株用語 5%ルール[株を大量保有した際の開示義務]