Top >  か行の 株式用語 >  機関投資家の意味とは - なるほど株用語

機関投資家の意味とは - なるほど株用語

機関投資家とは、投資を専門に行う企業や団体のことです。

個人投資家とは、扱う資産の規模が違うことと、

株式市場に与える影響力の違いから、そう呼ばれています。


例えば、生命保険の会社や、信託銀行は機関投資家となります。

生命保険会社の場合ですと、多くの顧客から保険金を集めます。

そのお金を専門家が運用して、利益をあげています。


こういった団体を、機関投資家と呼ぶわけです。

保有株式の増大や、売買の活性化によって、

株価形成に大きな影響力を持っています。


余談ですが、仕手株という玄人相場師による株価操作というものがあります。

これはごく一部の機関投資家のみ行う手法でありますが、

仕手(operator speculator)が成功すると、大きな利益が出ます。

投機的な目的で株価の操作を行う方法です。

潤沢な資金と、組織的な情報操作によって、

都合よく株価を操作する、玄人のやることです。


まあ、これはごく一部の方がやることですが。

話を機関投資家に戻します。

アメリカの場合ですと、保険会社や投資信託の会社だけでなく、

州の年金基金も市場に参入し、株式市場に大きな影響を与えています。

大きな州(例えばカリフォルニア)の年金基金の動きは、

世界中の投資家から注目されます。


株の世界は、大きなお金が動く世界です。

こういった厳しい世界で、個人投資家やデイとレーダーが生き残るには、

相当の勉強と経験が必要になります。

         

か行の 株式用語

関連エントリー

株価格付け(stock rating)の意味 キャピタルゲインの意味と解説。 機関投資家の意味とは - なるほど株用語 5%ルール[株を大量保有した際の開示義務]