Top >  や行の 株式用語 >  ユーロネクスト [証券用語集]

ユーロネクスト [証券用語集]

ユーロネクストとは、ヨーロッパにある大証券取引所です。

2000年3月に、フランスのパリ、オランダのアムステルダム、

ベルギーのブリュッセル、この3つの証券取引所が合併。

2000年の9月に、正式発足しました。


3つの証券取引所では、それぞれ役割分担があります。

フランスのパリ証券が、大型株の売買。

オランダのアムステルダム証券が、先物や金融派生商品。

ベルギーのブリュッセル証券が、中小企業などの株式。


このように、売買のシステムを統合することで、

クロスボーダー取引を円滑にして、3取引所から注文を一カ所に集めること。

その結果、金融商品の流動性の向上。また、

システムが整頓されたことで、人件費の低コスト化。などなど。

そうして、競争力が増す結果となります。


欧州では、アメリカの米店頭株式市場(ナスダック)の進出などで、

国際競争が激化している。

ユーロネクスト(EURONEXT)の発足理由は、そういった競争に勝つという理由もあるだろう。


ちなみに、ユーロネクストは積極的な拡大路線を進めている。

2001年には、ロンドン証券取引所との買収合戦の末、

ロンドン国際金融先物取引所(LIFFE)を買収。

ユーロネクストは、さらに今後、ポルトガル、イタリア、スペイン、フィンランドの、

証券取引所とも、合併の話を進める予定。

         

や行の 株式用語

関連エントリー

ユーロネクスト [証券用語集]