Top >  た行の 株式用語 >  投資者保護基金 - 用語説明。

投資者保護基金 - 用語説明。

証券会社が破綻した際、預かっていた資産を顧客に返すための基金です。


投資者保護基金と、証券会社は、サイフが別れていて、

完全な分別管理となっています。

サイフが別々になっているので、万が一の場合でも顧客の資産は守られます。


口座開設をするときに、安心材料の一つとして、

アピールされることがあります。

あなたの資産は安全です。証券会社が潰れても預けた資産は保障されます。

そんな感じです。株初心者や、これから投資信託を始めようとする方は、

安心することが多いようです。


1990年代には、顧客からの預かり金を流用することが、

法律で認められていました。そのため、過去には、

経営破たんした証券会社が、顧客の資産を返せなくなる事件が相次ぎました。


そういうことがあり、分別管理の重要性が増し、

日本の市場環境は徐々によくなっていきました。


投資者保護基金(investor-protection fund ) は、2002年7月に完成。

それ以前も、証券会社と分別管理をする基金はあったのですが、

体制が整ったため、結合しました。


なお、保障の限度は1.000万円となっています。

まあ、破綻しない優良な証券会社を選ぶことができれば、

投資者保護基金は、必要ないので、それが一番いいかもしれません。


アメリカやイギリスでは、分別管理の考え方が徹底しており、

顧客の資産を、証券会社の資産と、分別して管理し、

権利保全を徹底しています。

         

た行の 株式用語

関連エントリー

ダウ工業株30種平均 [証券用語] 投資者保護基金 - 用語説明。