Top >  あ行の 株式用語 >  EDGAR(エドガー) [証券用語]

EDGAR(エドガー) [証券用語]

EDGARとは、アメリカの証券取引委員会(SEC)が構築した、

企業の情報開示システムです。

カンタンに言うと、インターネット経由で企業の情報が手に入るものです。


今では、インターネット経由で企業情報を取得するのは、

常識になりましたが。昔は紙媒体で管理していた情報だったんですね。


エドガー(EDGAR)の歴史は古いです。1984年に試験的に実施され、

95年からは、EDGARに情報を入力するのは、企業の義務となりました。

世の中全体が、電子メディアの時代に入ったのは、ちょうどその頃です。


日本でも、そういったものを作ろうという試みが始まり、

旧大蔵省証券局(現金融庁)で電子開示に関する研究会を発足させました。

そして、2001年に、EDINET(Electronic Disclosure for Investors' Network)が本格稼動。

EDINETは、日本版のエドガーです。これにより、

2004年には上場企業のすべてが、EDINETに有価証券報告書を提出することが、

義務となり、日本でも、インターネット経由で、企業の財務情報を入手できる環境が

整いました。

EDINETの公式サイト

         

あ行の 株式用語

関連エントリー

アセット・アロケーション(asset allocation)の意味 インデックス取引の意味・解説。 EDGAR(エドガー) [証券用語] おり込み済み の意味。