Top >  な行の 株式用語 >  ノーアクションレター制度とは。[用語解説]

ノーアクションレター制度とは。[用語解説]

ノーアクションレターとは、企業が始める新事業が、

合法か?違法か?を判断するために使われるものです。


新しく始める事業が、法律にひっかるのでは?と考えた場合、

官庁に法令の解釈を文書で回答してもらうことができます。


このときの質問で、法律上問題無し。と判断されれば、

「特例措置の発動を勧告しない」というお墨付きをもらえます。

これをノーアクションレター(no-action letter )といいます。


対応した官僚によっては、解釈が違うこともありますし、

回答までの期間が1ヶ月程度かかるのが普通ですが、

法律的な解釈が明確になることには、意義があります。


新しいビジネスを興したり、新商品を販売するとき、

違法か合法かが明確になっていないと、

思い切った事業活動ができない場合があります。


そういった状況を解決するときに、ノーアクションレターは役立ちます。


アメリカでは、金融機関や証券会社が活用する事例が多く在ります。

その場合は、証券取引委員会の職員に、

法律的な解釈を求めます。

         

な行の 株式用語

関連エントリー

ノーアクションレター制度とは。[用語解説]