Top >  あ行の 株式用語 >  おり込み済み の意味。

おり込み済み の意味。

おり込み済み とは、株用語の一つです。

株価が上がるような好材料などが発表されても、

株価に影響が無かったりする場合があります。


株を売買する人間が「すでに予想していて、おり込み済みだった」

ので、市場の株価は動きません。


そういう状況を【おり込み済み】といいます。

別名で【材料出尽くし】という言い方をする場合もあります。


株式投資の場合、情報がものすごいスピードで動きます。

市場の株価は、ニュースや新聞より一歩先を行っています。


しかし、すべての状況で、織り込み済みとなるわけではありません。

株価が大きく動くときも、もちろんあります。

そういうときの特徴は。投資家の予想と大きく違った場合です。


大幅増収、増益などがあった場合、その数値が予想と、

大きくズレていた場合、株価は一気に動きます。


これはまずい!と投資家が判断し、

「もっと買わないと!」などという心理が働いたりすると、

株価が急上昇するわけです。


市場は生きています。投資家の気持ちを反映して、

毎日ダイナミックに株価を動かしています。

         

あ行の 株式用語

関連エントリー

アセット・アロケーション(asset allocation)の意味 インデックス取引の意味・解説。 EDGAR(エドガー) [証券用語] おり込み済み の意味。