Top >  か行の 株式用語 >  5%ルール[株を大量保有した際の開示義務]

5%ルール[株を大量保有した際の開示義務]

5%ルールとは、店頭公開企業や上場企業の株式を、

5%以上超えて保有する場合に、

[大量保有報告書]を、提出する決まりのことを言います。


株券を大量に(5%以上)持っている人は、必ず報告書を提出する必要があります。

この報告義務を怠ると、厳しい罰則があります。


ちなみに、5%ルールの正式名称は、大量保有開示制度といいますが、

一般的に5%ルールと呼ばれています。


5パーセントルールの目的は、株式市場の透明性を確保して、

株式投資家の保護を目的としています。


この5%ルールにはやっかいな決まりがあります。

大量保有報告書を提出した後、株の保有割合が1%変動しただけでも、

変更報告書 というものを提出する必要があります。

また、その株を担保に差し入れるなど、保有株券に大きな動きがあったときは、

その都度、変更報告書を提出する必要があるのです。

これも、市場の透明性を確保するという目的のため徹底されます。


ちなみに、この5%ルールで提出された、大量保有報告書は、

EDINETという、金融庁の情報開示システムで誰でも閲覧可能です。

5年間はずっと閲覧できるので、過去の記録を調べるのにも適しています。


また、5%ルールを無視して、大量保有報告書を提出しなかった場合は、

厳しい罰則(行政処分)が下されます。

報告書を不提出の場合は、懲役5年以下、500万円以下の罰金。

嘘の報告書を提出した場合は、懲役5年以下、500万円以下の罰金

嘘の報告書の写しを提出したら、懲役1年以下、100万円以下の罰金


と、まだまだ細かい罰則はあるのですが、ここでは省略します。

ともかく、株式市場の公平さ、透明性を確保するために、

これだけ厳しくルールが決められています。


巨大な資金を持つ、機関投資家や企業が一斉に株式を取得した場合、

一般の投資家にその情報が伝わらないと、大変です。

株式投資で、不測の被害をこうむらないためにも、

EDNETと、5%ルールはやはり重要です。

         

か行の 株式用語

関連エントリー

株価格付け(stock rating)の意味 キャピタルゲインの意味と解説。 機関投資家の意味とは - なるほど株用語 5%ルール[株を大量保有した際の開示義務]